マンガマーケティングのSHINFIELD

漫画の効果
「CPA改善」column

TOP > コラム > 漫画の効果
「CPA改善」
漫画の効果CPA改善

この記事では漫画の効果によってもたらされた成果として「CPA改善」について考察します。

※その他漫画の効果として「リード獲得数増加」についての記事もありますので合わせてお読みください。

CPAとは
Cost Per Actionの略で、顧客獲得単価とも呼ばれています。1件あたりの顧客獲得にいくらのコストがかかったかを表しています。

1件顧客を獲得するのにかかったコストが10,000円だった場合、コスト÷顧客獲得数によりCPA10,000円となります。10件獲得できた場合は、1万円÷10でCPA1,000円となります。

ランディングページのCPAを改善する

CPA改善

特にランディングページではCPA改善が求められます。

ランディングページはリスティング広告やディスプレイ広告など広告費をかけて集客を行ない、コンバージョン獲得を目的としているページです。

広告費をかけて集客し、何件コンバージョンが獲得できたか?結果、CPAはいくらになったか?を常に意識しながら運用を行います。CPAはランディングページの良し悪しの判断基準となります。

CPAが高ければ、広告やランディングページを改修することでCPA改善を図ります。
では、どのような改善方法があるのでしょうか?

CPA改善方法

CPAを改善する方法として、流入元の改善と流入先の改善があります。

流入元「広告」の改修

    ・広告文の変更
    ・広告クリエイティブの変更
    ・広告を配信するターゲットの変更

ランディングページの流入元である「広告」の改善を行います。広告の見出しや説明文、バナーのキャッチコピーやデザイン、広告配信先やオーディエンスなどを変更することでCPA改善を図ることができます。

その改善に合わせて、流入先の改善も行うことが大切です。

流入先「ランディングページ」の改修

    ・キャッチコピーの変更
    ・FVの変更
    ・オファーの変更
    ・コンテンツの並び替え

広告の流入先である「ランディングページ」の改善を行います。キャッチコピーやデザイン、オファー内容、コンテンツの並び順などを変更することでCPA改善を図ることができます。

上記の改善方法は、Webサイト運用担当者やマーケターであれば当たり前に行なっていることでしょう。工数をかけることなく比較的簡単に改善を図ることができます。

結果、CPAが改善すれば良いのですが、改善しないケースももちろんあります。その際は、ある程度大きな改善が必要になります。

そこで活用するのが「漫画」です。

なぜ漫画でCPAが改善されるのか?

なぜ改善されるのか?

ランディングページでコンバージョンを獲得するためには、当たり前ですがランディングページの内容を読んで理解してもらう必要があります。その上で、ターゲットの興味や欲求が高まることで行動が促されコンバージョンへと繋がります。

そもそもコンバージョンを獲得できなければCPAが改善されないので、コンバージョン数を増やすことがCPA改善に直結します。

そこで漫画をコンバージョン数増加のために活用します。

ランディングページにおける漫画は「ユーザーに興味を持って読んでもらえ、情報を分かりやすく伝えることができる」という効果があります。この効果がコンバージョン数を増加させるためにはとても重要です。

ランディングページでコンバージョンを獲得するには、ターゲットに読んでもらい情報が伝わることが必須であり、それを比較的容易に実現できてしまうのが漫画だからです。

ランディングページに漫画を導入することで、テキストに比べて読んでもらいやすくなり、読んでもらうことで情報が伝わります。漫画はセリフと絵、ストーリーによって情報を伝えることができるため内容理解度も高まります。

その結果、ターゲットの興味関心や欲求が高まり、CPA改善の効果が期待できるわけです。

漫画でCPA改善の成功事例

CPA改善成功事例

マンガランディングページでCPAが約3分の1に改善されたという成功事例があります。

成功実績についての詳細は下記からご覧いただけます。
マンガランディングページでCPA約3分の1に改善

上記のケースは、元々マンガなしの通常のLPで広告運用していましたが、CPAが上昇したことにより、マンガランディングページを制作しました。6ページの漫画を制作し、漫画の登場人物はランディングページ全体に散りばめてマンガLPという統一感をもたらせています。

漫画の内容は、ターゲットが抱えている悩みを伝えることで共感を得るシナリオになっています。そのため、より興味を持って漫画を読んでもらうことができます。さらに、その問題の原因や改善方法も漫画の中で伝えています。

漫画を読み終えた後のコンテンツでは漫画の内容を分かりやすくまとめています。それにより、ユーザーは漫画とコンテンツで2度情報を受け取ることができ、さらに理解度が増します

最終的には無料相談というオファーに繋げることで、コンバージョンを獲得しています。

漫画と漫画以外のコンテンツで情報を2度伝えることで、内容理解が深まり、興味関心が高まったことにより、コンバージョンに繋がったと考えられます。

漫画でCPA改善のまとめ

漫画の効果によって「CPA改善」が改善する理由は、漫画が兼ね備えている特長が関係しています。

漫画の特長
・テキストに比べて興味を持って読んでもらいやすい
・セリフや絵、ストーリーによって内容理解が深まる

この漫画の効果がランディングページにおいてコンバージョン獲得に大きな影響を与えています。

LPでコンバージョンを獲得するための必須事項

CV必須事項
・LPの内容を読んでもらう
・内容を理解してもらう

どんなに素晴らしい内容が書かれているLPであっても、それが読まれず理解されなかったら、コンバージョンには繋がりません。読んでもらい理解されて初めて商品やサービスに対する興味関心・欲求が高まります。

そして、漫画は「読んでもらう・理解してもらう」ために今まで述べてきた理由から最適なツールであると言えます。

結果、ランディングページでCPA改善に漫画が効果的であると言えます。

資料請求

マンガ制作をご検討の方へ、会社概要資料や
マンガマーケティングに関する
資料をダウンロード
いただけます。

今すぐダウンロード

ご相談・お問い合わせ

マンガ制作に関する費用感・疑問・質問など
お気軽にご相談・お問い合わせください。

今すぐ相談する