マンガマーケティングのSHINFIELD

漫画広告完全ガイドcolumn

TOP > コラム > 漫画広告完全ガイド
漫画広告完全ガイド

このページでは、2009年より漫画広告を制作し続けてきた、シンフィールドが「漫画広告とは何か?」「漫画広告にどんな種類があるのか?」「漫画広告はどのように活用すると効果的なのか?」などなど、漫画広告に関する情報をまとめて紹介しています。

①マンガ広告とは

漫画を活用した広告のことを「漫画広告」と言います。

「マンガ広告」と「娯楽用の漫画」を比較することで、さらに詳しく「マンガ広告とは何か」を分かりやすく理解することができます。

実は同じ漫画でも「マンガ広告」と「娯楽用の漫画」では全く別ものになります。

それらの違いを知ることから始めましょう。
詳しくは↓
マンガマーケティング会社が考える「漫画広告」とは

マンガマーケティング会社が考える「漫画広告」とは

②マンガ広告の使い方

漫画広告には様々な使い方があります。

2009年時点では企業が作る漫画は印刷物が多かったですが、弊社はWebマンガに特化してマンガ制作をスタートしました。そのため、たとえばランディングページに漫画を導入する「マンガランディングページ」やインフルエンサーを活用した「マンガインフルエンサー」などWebのマーケティングで活用できる漫画制作を得意としています。

そんな漫画広告の使い方を下記ページにて全10種類紹介しています↓
企業用漫画広告の使い方

企業用漫画広告の使い方

③マンガ広告が増えている理由

漫画は「目に留まりやすい」「読むハードルが下がる」「分かりやすく理解できる」などの特長があります。

それらの特長はマーケティングにおいても活用できます。

たとえば商品やサービスの広告を作った際
①広告に気付いてもらう
②読んでもらう
③魅力が伝わる
④ユーザーが行動する
この4つのステップを踏まなければ広告効果は見込めません。

漫画の特長をもう一度見てみましょう。上記のステップに合致してませんか?

漫画にどんな効果があって、漫画広告が普及したのか?
詳しくは下記をご覧ください↓
なぜ漫画広告が増えているのか?漫画広告で効果が出る理由

なぜ漫画広告が増えているのか?漫画広告で効果が出る理由

④マンガ広告の効果を高めるために必要なこと

漫画はマーケティングに活用できますが、漫画を使えば必ず効果が出るというものではありません。

漫画作成には想像以上に工数や費用がかかります。漫画の修正は描き直しになるため、効果が出なかったからと言って簡単に修正できるわけではありません。

そのため、入念な事前準備が必要になります。

その準備として、漫画広告で効果を高めるために最低限抑えておくべきことを4つに絞りました。
漫画広告を作り始める前に下記の4つのポイントを確認しておきましょう↓
漫画広告で失敗しないための4つのポイント

漫画広告で失敗しないための4つのポイント

⑤マンガ広告は“ストーリー”が最も大事!?

人はストーリー(物語)が大好きです。

映画、ドラマ、演劇、ミュージカル、小説など、ストーリーがあるからこそ楽しめます。
もちろん漫画もストーリーによって引き込まれます。

しかし、娯楽用の漫画ではなく漫画広告の場合においてもストーリーが大事でしょうか?

漫画広告における最も大事なこととは何かをお伝えします↓
漫画広告で最も重要なのはストーリーではない

漫画広告で最も重要なのはストーリーではない

資料請求

マンガ制作をご検討の方へ、会社概要資料や
マンガマーケティングに関する
資料をダウンロード
いただけます。

今すぐダウンロード

ご相談・お問い合わせ

マンガ制作に関する費用感・疑問・質問など
お気軽にご相談・お問い合わせください。

今すぐ相談する